靖国の森

c0141013_13433391.jpg

車が行き交う大通りを隔て、塀の内側は不思議と空気が違う。
通り沿いの南門を入り、左手に向かう遊歩道に点々と並ぶベンチ。茶室のある神池に出る道筋が、たぶん、境内の中で一番静かに過ごせる場所だろう。
昼食時は、ここでお弁当タイムを過ごすサラリーマンや参拝の人を見かけるけれど、昼前は、ほとんどひと気がない。

ベンチで独り、腰を落ち着けると気分は森の中。
湿気を帯びた土の匂いと、木々が発する青渋い香り。
空気は鎮まっているが、あたりは絶えず何かが動いている。
森の呼吸に馴染むまでは、リラックスするというより、むしろ体は緊張を隠せない。
カサッ コソッ パシッ
風の音、葉が落ちる音、木の実が転げる音に、いちいち反応してビクつきあたりを見回す始末。

誰もいない、何もいない。
雀が数羽、柔らかい土の上を身軽に飛び回っているだけ。
頭上に茂る緑の中で何かの鳥が鳴く声に、しばらく耳を澄ます。
と、ようやく空気に馴染めたかの深呼吸に肺が開け、体ごとほぐれるのだ。






  

[PR]
by io_hazuki | 2010-06-25 11:31 | ◆お陽さまコレクション | Comments(0)

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31