魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

すごい夕焼け

c0141013_21430544.jpg
ふと外を見たら、まっ赤!
すごい夕焼けに、びっくり。


日暮れが早くなったなあ。
夕焼けをアップしてる間に、外はもう夜。




[PR]
# by io_hazuki | 2014-10-10 17:36 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

石の器に

c0141013_7312059.jpg


ヒガンバナが花火の燃えカスみたいになって秋の景色から消えていく中、
遅咲きの花がまだところどころで赤い羽を開いている。
早咲きにしろ遅咲きにしろ、
目覚めた花は「あれ~、みんなは……?」なんて思うのだろうか。

今年ほどヒガンバナをたくさん見た年はない。
景色の中で何を見るか……。
心惹かれて目に留まるものが、自分に映る景色になる。
今年はヒガンバナの赤に惹かれて、たくさん見ることになったのだろう。

古いお寺さんの門の近くで見つけた赤い花一つ。
仲間の代わりに葉を携えて、石の器に活けられたように咲く。
ドクダミとの絶妙なコンビネーションに、
狙って植えられたのかなあと感心しながら撮ってみた。


  
[PR]
# by io_hazuki | 2014-10-04 14:10 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)

ヒガン棒の妄想

c0141013_08583826.jpg

8月のお盆の頃から、散歩コースの河原にはヒガンバナが咲き始めていた。
真夏のヒガンバナは陽褪せして、日焼けした古着を思わせる。
さすがに9月に入ると、秋めいた風のおかげか、赤い花も暑さ負けせず、陽の光を花の輝きに変えてみせる。


散歩コースの河原とは別に、町にはヒガンバナの群生地がある。
町の観光案内にも載っている場所なのだが、群生地に咲くヒガンバナは未だ見たことがない。
そこで、偵察に行ってみると、「ここなの?」。
とこどどころに咲いてはいるものの、川を挟む草っぱらは眩しい緑が勢いづいているだけに見えた。
暫し、目を凝らして草っぱらを見渡していると、ある、ある。
ヒガンバナの茎がそこらじゅうに、にょきにょきと伸びている。


ヒガン棒。
緑の草っぱらに立つ茎を、勝手に名付けた。
その数と言ったら、数えられるわけがない。
緑に混じる大群は、合戦の時を待ち構える軍団のよう。
戦うわけではないから、合戦ではなく「舞台の時」と言うべきか。
彼岸の頃には、すごい光景になっていそう。

わたしの頭の中では、すでにヒガン棒の大群が「赤の華やぎ軍団」に姿を変えている。
すごい!すごいよー!



[PR]
# by io_hazuki | 2014-09-12 15:44 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)

夕暮れオシロイバナ

c0141013_10201974.jpg
仕事で出ない日は、夕方がウォーキングタイムのこの頃。
歩いて7~8分の河原に行くコース。
そこからさらに、ゆるゆると5分ほど上流に行くと、清流に足を浸して楽しむマイ・スポットがある。

蝉しぐれの中、澄んだ川の流れに足を揺らすひと時。
絶対に出てきてほしくないカエルが草むらで「ゲコ、ゲコ」と鳴いていてビクビクしそうになるけれど、空の明るさがフェードアウトしていくのを見ながら、自分も自然の一部になるのを感じるとカエルの存在も気にならなくなっている。
そうは言っても、視界に現れたら大騒ぎしてしまうだろうが(笑)。
河原は今、オシロイバナが花盛り。

[PR]
# by io_hazuki | 2014-08-02 18:06 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)

7月最後のお陽さま

c0141013_11042151.jpg

7月最後のお陽さまだ。
明日から8月、夏真っ盛り。
がんばろー。

c0141013_10464478.jpg


c0141013_10470548.jpg



[PR]
# by io_hazuki | 2014-07-31 18:26 | ◆お陽さまコレクション | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31