魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

月と花火

仕事帰りに、車で三浦半島の荒崎へ向かった。
今にしてみれば、あれが会社員最後の夏だった。

人けのない荒崎の入り江。
視界が群青色に染まり始めた頃、橙の大きな月が昇っていくのを見た。
半熟卵の黄味がかったライトは水面を照らしながら海を離れ、景色をまあるい月夜に塗り替える。
すると、そのうち、暗い水平線の彼方に赤や黄色の光が弾けだした。
あれは、どこの花火だったのだろう。

月を見にきたのでもなく、花火を見にきたのでもなく、なぜか夜の海へ行った夏の日の不思議な光景。
8月の、夏が高く滞空する時期になると思い出す。

あのときの潮の香り……。
ふと深呼吸をしてみるけれど、 光景は浮かべど匂ひは届かず。

c0141013_12214416.jpg

岬の入り江、月の道
波音ゆらゆら響いて揺れて
耳に体に届いて染みて
潮の香りにわたしも香る

不意に 水平線に灯る花火
赤いリズムに弾けて笑う

今夜の月は、優彩の橙
ゆらゆら響いて ほどけて揺れて

<2000.08.04>

[PR]
# by io_hazuki | 2015-08-11 12:46 | ◆いおろろ一枚 | Comments(0)

おはよーブルームーン

c0141013_5391917.jpg

7月最後の満月が、8月始まりの空から消えようとしている。
夜中を抜けて、空の暗さは白々と明けてきた。

月が替わると、不思議と何故だか、空気や流れが変わるもの。
いよいよ8月か。
夏真っ盛り、どんな夏になることやら。

朝の月は、うっすら広がる雲にフェードアウト。
もうひと眠りしようかしまいか、月の画像をチェックしている間に、夜はすっかり消え去り、8月の朝に塗り替えられてしまった。
洗濯しよ。

束の間おはよー、ブルームーン。
早起き過ぎる8月始まりの朝。
[PR]
# by io_hazuki | 2015-08-01 04:55 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

ゆるく花火

豪快2万発なんて大花火大会には到底及ばない、町の花火イベント。
押し合いへし合いも陣取り合戦もなく、町の広範囲に自分たちの見物場所を見つけて、ゆるゆる楽しむ。
で、大玉が上がると、あちこちから「おーッ」と声が上がる。
その大玉は撮れなかったが、よし!としよう。

c0141013_23232987.jpg

c0141013_2324823.jpg

c0141013_23244213.jpg

c0141013_23251380.jpg

[PR]
# by io_hazuki | 2015-07-25 20:03 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

祭りだよ

c0141013_2505984.jpg
c0141013_2551038.jpg
c0141013_2574936.jpg
c0141013_2595554.jpg
c0141013_31232.jpg

[PR]
# by io_hazuki | 2015-07-25 16:47 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

夕陽タイムに

c0141013_12431926.jpg
「何か、きれいなものが見たいなあ」
そんな言葉が口を突いて、小一時間のウォーキングに出ると夕陽タイムに遭遇。

夕陽を映す川面は、金の光が湧きあがって立ちのぼるよう

「何か」は、出くわしてみないと何なのか分からない。
「何か面白いこと」の「何か」もそう。
「何かいいこと」の「何か」も。

   

[PR]
# by io_hazuki | 2014-10-27 16:30 | ◆お陽さまコレクション | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31