魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大晦日の陽

c0141013_21555860.jpg


毎年、大晦日には「今年もよかった」と思っている気がする。
一年のうちには、大変だったり凹んだりしたことが数知れずあったはずなのに、不思議と年の最終日には、よかった気がしてしまう。
だから、きっと、よかったのだろう。

今年2012年も例外ではなく、「よかった」と思える大晦日。

今年最後の夕陽は、穏やかに静かに、眩い光となって消えていく。

よかった。
ん、今年もよかったのだ。
[PR]
by io_hazuki | 2012-12-31 16:28 | ◆お陽さまコレクション | Comments(0)

後ろ姿

c0141013_0524852.jpg

踏切の警報器の音には、わりと敏感なほう。
遠くで鳴っているのが耳に届いて「ちっ!」と思うのは、その場に駆けつけられないから。
今日は近くを歩いていたので、慌てて走った。
何故、慌てるのか……、わたしは“テツ”じゃないのに。
まったく“テツ”ではないが、鉄道車両を見ると興奮する。とくにディーゼルが好きだ。

走ったけど、やや興奮していたのもあってカメラを出すのが遅かった。遠ざかる八高線ディーゼルの後ろ姿に「ばいばい」しながら、ようやく一枚。
やはり一度、八高線全区間を乗らないといけない。
[PR]
by io_hazuki | 2012-12-05 13:40 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)

銀杏日和

c0141013_1240861.jpg


都心の黄葉といえば、神宮外苑の銀杏並木が知られるところだが、わたしにとっては靖国さん。
春の桜の時期より断然、黄葉のときがいい。

新しい葉が毎日降り積もる参道脇。
黄色で埋め尽くされた落葉の中に入るのは、深雪に足を踏み入れるときに似た楽しさがある。
好天の日の昼どきなどは、当たり一面が眩しくて、黄金色の光に包まれた贅沢な気分になってしまう。

神宮外苑より知られていないおかげで、あまり人がこぞってやって来ないのもいい。
ゆったり黄金色の世界に浸れる。
カメラを構える人たちも、それぞれが独自の世界に入り、ファインダーを覗いているように見える。

そして、靖国神社に沿う靖国通りもまた、わたしにとっては、黄葉で輝く美しい名所。
特に知られているわけではない歩道を人々が歩く。
特別な季節を意識しない普通の光景が、やけに素晴らしく映るのだ。

c0141013_12402780.jpg

[PR]
by io_hazuki | 2012-12-01 12:39 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31