魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:◆おまけの一枚( 31 )

秋の眩しさ

c0141013_10202740.jpg



台風と長雨が去り、秋の陽射しが一段と眩しい。
視界を独特な輝きで映す秋の光。
その緩く柔らかい波長の中で、
緑も花も、色を静め、
さわさわと動いていたはずの瞬間を、
スローモーションに変えて記憶に焼き付ける。

色味を静めたスローな瞬間が、
いつか懐かしく、愛しい記憶になるのかと思うと、
寂しさの影に覆われそうになるけれど、
陽射しの眩しさが、陥りそうになる気持ちを救い上げ、
温かさの中に呼び戻す。

秋の眩しさ、独特の輝きは、
一年のうちでもっとも美しい。
とは、近頃の私の世界でのこと。

真夏日が好きで、桜の時期が好きで、
そういう季節も未だ楽しみではあるけれど、
寒いのが苦手だった私が、冬を毛嫌いしなくなり、
秋の陽射しに心地よい美しさを覚え、
私の世界が、変わったことを知る。



   
[PR]
by io_hazuki | 2017-11-03 10:23 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

おはよーブルームーン

c0141013_5391917.jpg

7月最後の満月が、8月始まりの空から消えようとしている。
夜中を抜けて、空の暗さは白々と明けてきた。

月が替わると、不思議と何故だか、空気や流れが変わるもの。
いよいよ8月か。
夏真っ盛り、どんな夏になることやら。

朝の月は、うっすら広がる雲にフェードアウト。
もうひと眠りしようかしまいか、月の画像をチェックしている間に、夜はすっかり消え去り、8月の朝に塗り替えられてしまった。
洗濯しよ。

束の間おはよー、ブルームーン。
早起き過ぎる8月始まりの朝。
[PR]
by io_hazuki | 2015-08-01 04:55 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

ゆるく花火

豪快2万発なんて大花火大会には到底及ばない、町の花火イベント。
押し合いへし合いも陣取り合戦もなく、町の広範囲に自分たちの見物場所を見つけて、ゆるゆる楽しむ。
で、大玉が上がると、あちこちから「おーッ」と声が上がる。
その大玉は撮れなかったが、よし!としよう。

c0141013_23232987.jpg

c0141013_2324823.jpg

c0141013_23244213.jpg

c0141013_23251380.jpg

[PR]
by io_hazuki | 2015-07-25 20:03 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

祭りだよ

c0141013_2505984.jpg
c0141013_2551038.jpg
c0141013_2574936.jpg
c0141013_2595554.jpg
c0141013_31232.jpg

[PR]
by io_hazuki | 2015-07-25 16:47 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

すごい夕焼け

c0141013_21430544.jpg
ふと外を見たら、まっ赤!
すごい夕焼けに、びっくり。


日暮れが早くなったなあ。
夕焼けをアップしてる間に、外はもう夜。




[PR]
by io_hazuki | 2014-10-10 17:36 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

花火



c0141013_10465864.jpg
今回も花火、失敗。
撮るより観るに限ります。


[PR]
by io_hazuki | 2014-07-26 19:40 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

お囃子

c0141013_11363756.jpg

年に一度の夏祭り。
お囃子の音が晩まで続く。
心地よい調子に乗って、天上の神々も踊っているかも。




[PR]
by io_hazuki | 2014-07-26 15:42 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

街の演出

c0141013_1443319.jpg

都心を歩き回るときに、よほど撮る気で出かけない限り、わざわざカメラを持っていくことはまずない。
スマホのカメラで間に合う時代。

長丁場で移動していた昨日は、荷物にはなるのを覚悟でバッグにカメラを忍ばせていた。
何となく、気まぐれに、どういう風の吹き回しか。

撮ろうと思って動いてないと、カメラを持っていても撮らないものだ。
カメラを取り出すのが「わざわざ」という気がしてしまうから。

知人との待ち合わせに少し時間が空いた午後。
わざわざ撮ってみたのは、これ。
舗道添いの狭いテラスに、わざわざ並べられていたグラス。

舗道を往く人たちに近いテーブルで、わざわざ食事する人はまずいないだろう。
いるのかな?

セッティングされたテーブルの、わざとらしさのない演出に目が留まり、わざわざ感もなくバッグからカメラを取り出していた。


  
[PR]
by io_hazuki | 2014-06-10 14:35 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

新春ハボタン、春の兆し

c0141013_23200971.jpg
手袋をせずにカメラを持つ手は、ぽかぽか陽気の日中でも指先が冷たくなる。
新しい年の「新春」を迎えたと言っても、春本番まで冷え込む日は幾度となくあるだろうに、ハボタンの中は春の兆し。
淡いピンクの核を、開いた葉の中で、クリームに溶かして広げている様は、春までに体験するはずの寒さを忘れさせ、気持ちを春へと誘う。

ハートに宿る希望、願い、祈りを、ハボタンのように、自分の葉を広げて開いていきたい新春の思い。


[PR]
by io_hazuki | 2014-01-03 11:30 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)

山が笑う

c0141013_1715217.jpg
<2013.04.13>

パッチワークを施したように、山のところどころが色を違える様子を「山が笑う」と言うのだそう。

山が笑ってるところを撮りたかったのだが、なかなかタイミングよく、よいスポットへ行けなくて、今年は撮り損ねた。

去年の今頃は、“町”の小山は桜のパッチワークの時期だった。
山が大笑い。

c0141013_17181616.jpg
<2012.04.18>
[PR]
by io_hazuki | 2013-04-21 17:20 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31