魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

2013年 03月 05日 ( 1 )

“とき”を待つ

c0141013_8165860.jpg

三月に入ると、やはり気になるのは桜。
今年の桜は、いつ頃咲きだすのか……。
蕾を蓄えた枝をあちこちで見上げて歩く。

“とき”を待つ。

桜の枝はまだ寒々しく見えるけれど、開花の“とき”を控えたこの時期が、季節で一番充実した「木の“とき”」なのではないかと思えてくる。
咲き誇る華やかな季節を前に、桜の木は着々と黙々と“とき”を待つ。

たとえば、成果や結果に行き着く道の途中は、うまく進められなかったり、ダメなんじゃないかと思ったり。
それが、あとひと踏ん張り、とにかくやるしかない時期に入ると、成果や結果はどうあれ、自分の中に静かな充実が息づいてくるのを感じる。
振り返ると、いつも、そういう“とき”にいる自分が好きなのだ。
まあ、あとひと踏ん張りが苦手でもあるので、「惜しいな、自分」ということのほうが多いのだが(笑)。

開花のときを心待ちにするのは人のほうで、桜は気にしちゃいないだろう。
枝振りを覆う花も葉もなく、木の姿そのものを露わに、桜は静かな充実の“とき”の中で花開く“とき”に向かっている。
そんな三月の桜の木が好きなのだ。
[PR]
by io_hazuki | 2013-03-05 23:00 | ◆おまけの一枚 | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31