魚の庭

iobase.exblog.jp ブログトップ

白い紫陽花

c0141013_14364558.jpg

紫陽花が咲いているのを見ると、ホントに、よくできてるので感心する。
花びらに見えるのは本来は萼(がく)。その一枚一枚が巧いこと重なり合い、花に見えるその一つひとつが、これまた上手に球状をつくっている。

ここらに咲くのは、ほとんどがブルーの紫陽花だ。
紫陽花の学名(Hydrangea)は“水の容器”という意味があるそうだから、ブルーというより水色のほうが似合っているかも。
毎年、靖国さんに咲くのも澄んだ水色で、この季節はそれが見たくて散歩の足が向いてしまう。

水色の群れとは離れた場所に、白い紫陽花を見つけた。
小ぶりで、眺めていると食べちゃいたいくらいに可愛い。

紫陽花と言っても、その種類は50種を超えるらしい。
水色のは一般的なセイヨウアジサイ。白いのも小ぶりなだけで同じセイヨウアジサイに見えるが、小ぶりだから白なのか、白だから小ぶりなのか、はてさて。

梅雨の季節の花だけど、雨の日の紫陽花は“らしく”ていいものだけど、お陽さまを浴びてる姿はきらり喜んでいるみたい。


  
[PR]
by io_hazuki | 2010-06-24 12:15 | ◆魚のサンポ道 | Comments(0)
line

お陽さまコレクション・サンポ道 他、魚(いお)の画像綴り


by 葉月いお
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31